マンガを通じて楽しいエコな未来を想像しよう 「エコロジーマンガ カカ島区博物誌」
|環境マンガ|エコロジー|地域循環型社会|自産自消|地産地消|脱原発|脱石化エネルギー
Ecology Manga | sustainable
ようこそ未来へ! こんな未来が来たらいいな。
すんだ小川、空いちめんの星空があたりまえのようにそこにあるように。
いのちのサイクル(食べもの)と、くらし(モノやエネルギー)と各地域でまわすことを基本にします。

つまり、各家庭である程度食料を作り、再生可能なエネルギーの利用と消費の少ない暮らしぶりが工夫され、世界のそれぞれの地域がこの「その土地の命はその土地でまわしていく」という共通の目的をもつことで、不要な利害関係からも開放されていくでしょう。
人・技術・情報は自由に行き来しながら、地域性豊かで多様な文化を楽しむことができるではないでしょうか。

デンマークにサムソー島という島があり、そこでは「100%再生可能エネルギーの供給を目指す」姿が見れるようです。夢物語ではありません。ボクらの意識と決定が世界を変えるのです。(2006.11.13)

100年後と言わず、千年後とか1万年後とか考えてみるのはどうだろう。長い地球の歴史からすると1万年後にも人類が地上にいても不思議ではないし、居て欲しい。
その時はきっと原発も石化燃料も無く、だけど、再生可能エネルギーを上手に使って楽しく生活しているといいと思う。いつか変化の時が来る。今からちょっとずつ変化していくといいと思う。
1万年後の人類から21世紀の人類の生き方はどう見られるのだろう。
1万年昔の人が「マンモスがいたので狩りをして食べてました。そのうちマンモスはいなくなりましたが別の物を食べてました」というように「21世紀の人は石化燃料を掘り起こして使ってました。そのうち無くなったので、別の物を使い出しました」くらいのものかな?

かかとうくはくぶつし

バナーです。リンクフリーです。
※このページのマンガと文章も
利用できるところがありましたら、
自由に活用ください。
メールだけでもいただけるとうれしいです。

Small world.
Small area's self cycle system will give us the safety world.

Link free
「おこづかい」
「おこづかい」
フルカラーの絵本のようなマンガのようなお話。これでもエコマンガです〜。

2016年現在「コミックFantasy」のWebページで無料で読めます(右の絵をクリック)

無料
「釣りの帰りに」
「釣りの帰りに」
フルカラー6ページのエッセイ風な絵本みたいなマンガみたいな、です。
なんとか原発が収束方向に向かわないものかと、じれったい気持ちを込めました。

右の絵をクリックしてください。
pdfファイルになってますが、配布・拡散は自由にどうぞ〜。

◆新しい人権として、原子力の恐怖から免れて生きる権利「ノー・ニュークス権」の確立を司法の場で目指す動きがある。
←2015年3月8日ニュースより。これいいですね。賛同します。

無料
「そしてもう一本」
「そしてもう一本」
フルカラー3ページのマンガです。
苦悩するエコ漫画家を楽しげに描いてます。

「コミックFantasy」のWebページで無料で読めます(右の絵をクリック)
2015.12動画版追加。

無料


動画版はこちら
「22世紀の私たちの街から」
「22世紀の私たちの街から」
フルカラーの18ページのマンガです。
私の今住んでいる大阪と全世界が将来こうなったらいいのにという願いをこめて、自分が今いちばん表現したいこと!を詰め込みました。 22世紀に住むおじいさんの釣りする一日を描いたものです。
2014年現在「コミックFantasy」のWebページで無料で読めます(右の絵をクリック)

2015.12動画版追加。

無料


動画版はこちら

電子書籍版はこちら
English ver.

"A Letter From 22nd Century"(.pdf)
free

The Vehicle File of KakaArea
「カカ島区乗り物ファイル」
ちょっと未来の生活を、乗り物(主に自転車)に着眼して描いたシリーズ。
榎本司郎事務所版「コミックFantasy」にて連載した作品。

 1話 「ボーライナー」 棒状の乗り物の紹介
 2話 「日曜の朝やのに」 変形する自転車のお話
 3話 「たんたんたんでむ」 二人乗り自転車のお話
 4話 「ハトバで」 太陽エネルギーを太陽棒に溜めて走るゴーカートのお話
 5話 「ウォークボード」 左のイラストの自転車のお話
 6話 「じぶんで・みんなで」 リアカー利用のお話
 7話 「高速軌道自転車」 高速で走る自転車のお話(2010年9月現在製作中)

同人誌として本にまとめました。頒布中です。
「生活読本」のフーちゃんとトキの成長した姿もちらほら登場。

同人誌


電子書籍版はこちら
Japanese only
The Life of KakaArea
「カカ島区生活読本」

「カカ島区博物誌」に比べて、より生活観を中心にしたマンガシリーズ。
トキとフーちゃん兄妹が活躍(?)

いのちのサイクル(食べもの)と、くらし(モノやエネルギー)とを
各地域内でまわすことを基本にした世界。
ある島国から提案されたために「島区制」と呼ばれるこのシステム。
ここカカ島区での楽しい生活を紹介します。


「カカ島区生活読本シリーズ」:「コミックFantasy」に2004/11からはじめたマンガのシリーズと
学研のECO-BOOKSで「2100年未来の街への旅」第6章に描いたマンガで構成されてます。

2013年9月よりAmazonでの電子書籍へ移行しました。

電子書籍
This Manga's stage is the 22st century.

Japanese only
「2100年未来の街への旅」とは
学研のECO-BOOKSで「2100年未来の街への旅」第6章より。

紹介文から〜
エネルギーと資源を大量に消費し、廃棄物を大量に出す20世紀のライフスタイルを続けていくことはだれの目にも不可能である。この本は、持続可能でエコロジカルな21世紀のライフスタイルを提案し、「本当の豊かさ」とは何かを考える手がかりを提供する。

ISBN:4-05-401624-3 本体価格:1,600円(税別)
2013年現在は絶版となり中古品で入手可能です。

市販本
Japanese only
The Story of KakaArea
"KaKaArea Story"
このマンガは今から400年後の未来が舞台です。400年後の世界を、環境にやさしく住みやすい世界として描いてます。こんな未来だったらいいな、という気持ちで描きました。

400年後の世界に21世紀の失われた文明から人工知能のトスカ10が蘇ります。その未来に住む少年ルーと少女ギルが、21世紀のさまざまな遺物と出会いながら心を通わせ成長する姿を描きます。

偕成社季刊誌「コミックFantasy」に1996年から6回連載された作品と描き起こした1話を追加してます。
全7話170ページ。本分白黒。


カカ島区制作記では、制作の動機などが読めます。

2013年10月よりAmazonでの電子書籍に移行しました。

電子書籍
This Manga's stage is the future  400 years after.
The world after 400 year is drawn as the world of being easy to live eco-friendlily.
It is the talk of the lost civilization in the 21st century from the future.

English ver.
The Sketch of Ruu and Giru
「カカ島区博物誌」の主人公のルウとギルのいる、
イラストエッセイのシリーズです。
Illust essay
QさんAさんの対談コーナー Let's talk about KakaArea
環境についての素朴な疑問などについて対談してます。
なにか答えを出そうというのではなく、話すうちになにかわかってくることもあるだろう、というのりです。
世界観の理解の助けになるかと思います。
Japanese only
カカ島区の音楽 The Music of KakaArea
COTTON FIELD作「時の貝殻」をモチーフとした音楽を聴くことができます。
「カカ島区」の世界観をひろげてくれます。

Please enjoy MP3 music.
シュミの自転車 My bicycle life and idea
ボクは自転車を利用して片道約6kmを通勤してました。
もっと遠くから自転車通勤している人もたくさんいます。
自転車は排気ガスも出さないし血液の循環もうながしてくれるようですよ。
もっと自転車で楽しめるといいなと思います。
Japanese only, but please enjoy photo and illust.
エコな日曜大工 My ecological home work.
日曜大工好きなボクがおもしろ半分で
自分の家でやっているエコ的な工作の紹介。

・竹は風にしなり、布は風を包む。竹と布で作る手づくり風車の部屋

・断熱、浄化、循環、雨水利用、太陽熱利用

「手作り風車」
「断熱・防音その他いろいろ」
Japanese only, but please enjoy photo.

Self Build Windmill

Other
ボクが読んだエコな図書紹介 The book I read

Japanese only
「カカ島区博物誌」を紹介いただいたサイトなど。ありがとうございました。 Special thanks LINK
科学-環境のカテゴリーに登録いただきました。(2004/12)

Yahoo!きっず

イオルキッズのリンクページ。
イオルキッズ

つやまあきひこの21世紀絵コロジ〜の絵コロジ〜りんくのページ。
つやまあきひこさん/ラデック鯨井さんのマンガ「マジンジラ」おすすめです!
ラデック鯨井さん原作の環境マンガ「SEED」もおすすめ!

『BIO City』 ビオシティ 22号: 2001年12月25日発行 発行/株式会社ビオシティ: 発売/大学図書・信山社販売
その後数回マンガを掲載させていただきました。元編集長の杉田氏には大変お世話になりました。ありがとうございました。
それゆけ!果報者のリンクのページ。

codeのrecommendのページで
坂本龍一さんにご紹介いただきました(2002〜2003年)

Ryuichi Sakamoto
久米信行さんにご紹介いただきました(2002年)。

ドイツのシェーナウ電力会社(シュバルツバルト)、「原子力に反対する100個の十分な理由」の日本語版 http://100-gute-gruende.de/pdf/g100rs_jp.pdf

「地球少女アルジュナ」
2001年TV放映されたアニメですが、2007年ビデオでまとめて観ました。
特にセンスのいい映像表現がよく、
人間と生き物のかかわり、産業のありかた、などなかなか娯楽作品で
表現しにくいところを真正面から表現していたことに驚きと斬新さを感じました。
また菅野よう子さんのサウンドトラックもいいです。

「不都合な真実」DVDでみました(受賞前に)。
わかりやすく、情熱的で、好感の持てる環境入門作品でした。
ゴアさん、ノーベル平和賞受賞おめでとうございます。


戦争をしない、という知恵

 「目を閉じて、じっと我慢。怒ったら、怒鳴ったら、終わり。それは祈りに近い。
憎むは人の業にあらず、裁きは神の領域。そう教えてくれたのはアラブの兄弟たちだった.。」
後藤健二、2010年9月7日のツイッターより。



2003.3.20



I hope no war.


掲示板  
bbs
このサイトは 秋元なおと(メタ・パラダイム) の個人サイトです。
 メタ・パラダイムは相方の白井弓子との二人サークルで叙情的でファンタジックな絵やマンガを楽しめるよう運営しております。

by Meta-Paradigm, N.Akimoto
(personal site)
メール: :mail

特定の政治、宗教団体には属しておりません。個人サイトです。