マンガを通じて楽しいエコな未来を想像しよう 「エコロジーマンガ カカ島区博物誌」
|環境マンガ|エコロジー|地域循環型社会|自産自消|地産地消|脱原発|脱石化エネルギー
Ecology Manga | sustainable
ようこそ未来へ! こんな未来が来たらいいな。
すんだ小川、空いちめんの星空があたりまえのようにそこにあるように。
いのちのサイクル(食べもの)と、くらし(モノやエネルギー)と各地域でまわすことを基本にします。

つまり、各家庭である程度食料を作り、再生可能なエネルギーの利用と消費の少ない暮らしぶりが工夫され、世界のそれぞれの地域がこの「その土地の命はその土地でまわしていく」という共通の目的をもつことで、不要な利害関係からも開放されていくでしょう。
人・技術・情報は自由に行き来しながら、地域性豊かで多様な文化を楽しむことができるではないでしょうか。

デンマークにサムソー島という島があり、そこでは「100%再生可能エネルギーの供給を目指す」姿が見れるようです。夢物語ではありません。ボクらの意識と決定が世界を変えるのです。(2006.11.13)

100年後と言わず、千年後とか1万年後とか考えてみるのはどうだろう。長い地球の歴史からすると1万年後にも人類が地上にいても不思議ではないし、居て欲しい。
その時はきっと原発も石化燃料も無く、だけど、再生可能エネルギーを上手に使って楽しく生活しているといいと思う。いつか変化の時が来る。今からちょっとずつ変化していくといいと思う。
1万年後の人類から21世紀の人類の生き方はどう見られるのだろう。
1万年昔の人が「マンモスがいたので狩りをして食べてました。そのうちマンモスはいなくなりましたが別の物を食べてました」というように「21世紀の人は石化燃料を掘り起こして使ってました。そのうち無くなったので、別の物を使い出しました」くらいのものかな?

かかとうくはくぶつし

バナーです。リンクフリーです。
※このページのマンガと文章も
利用できるところがありましたら、
自由に活用ください。
メールだけでもいただけるとうれしいです。

Small world.
Small area's self cycle system will give us the safety world.

Link free


ホームページを引っ越しします。こちらになります。
2017年4月末でこのページと旧メールは使えなくなる予定です。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。
メールは info*hitotu.main.jp (*->@) となります。